>>早期退職をする前に

電子書籍『そろそろこれからを考えよう 定年女子ライフ計画』ノススメ。

50代、55歳で会社を早期退職して現在57歳の私。

会社を辞める際、もちろんたくさんの不安がありました。

 生活費は大丈夫なの?

 毎日何して暮らすの?

 人との繋がりがなくなっちゃわない?

 健康管理はできるかな?

などなど。

自分なりにいろいろ調べて、シミュレーションをして、「たぶん大丈夫だろう」と思い切って早期退職したあとも、やっぱりたまに不安に襲われることがありました。

退職してから1年9か月が経った今は、毎日の生活にもすっかり慣れて、ただただ楽しく暮らしていますけれどね。

ちょうどその”不安の嵐”にたまに襲われていた約1年前のこと。

「定年女子トーク実行委員会」の石崎公子さんという方から、このブログのお問い合わせ欄経由でメールが送られてきました。

 んんんんん???

 「定年女子」って何???

これが今でもすごーくお世話になっている、石崎さんとの出会いでした。

先日、その石崎さんから、定年女子に関する電子書籍を出版したとのお知らせをいただきました。

早速Amazonで購入して読んでみたところ……。

 こ、こ、こ、これは!

 このブログの読者のみなさんにも紹介したい!!

 是非とも読んで欲しい!!!

……と思ったのであります。

そこで今回は、

電子書籍『そろそろこれからを考えよう 定年女子ライフ計画』

についてご紹介いたします。

定年年齢が視野に入った女子たち必読!早めに定年後のライフ計画を立てておこう。

定年女子とは。

そもそも「定年女子」とは……?

「定年女子トーク実行委員会」のホームページには以下の説明が。

「定年」を意識し始める40代後半~50代女子を「定年女子」と名づけています。

ほぅほぅなるほど。

「定年女子トーク実行委員会」は、働いてきた50歳前後の女性たちと一緒に定年以降の生き方を考え、気づきや学びのきっかけとなる情報提供を行うとともに、そのような場を提供することを目的に設立しました。

私のこの「ヒトリデ倶楽部」の主旨ともかなりの部分が共通しているのが嬉しい♪

「ヒトリデ倶楽部」を始めた思い。ヒトリデ族は確実に増えていく。 当人が望んでそうなったか否かは別にして、シングルとして生きている人、結婚はしたけれど子どもはいない人、...

2019年10月には、石崎さんからご依頼をいただいて「定年女子フォーラム」でお話もさせていただきました。

定年女子フォーラムでお話しさせていただきました。2018年10月末、50代、55歳で会社を早期退職した私。 ブログを始めて1年と1か月、退職してからはもうすぐ1年が経とうとしてい...

私のパートが始まる前に聞かせていただいた石崎さんのお話は、いちいちうなづいてしまうことばかりでした。

早期退職であろうが定年退職であろうが、会社を退職する前にはぜったいに知っておくべき、考えておくべきことを、すごーくわかり易くお話しされていたのです。

すごいなー。

ただただ感心。

今回出版された『そろそろこれからを考えよう 定年女子ライフ計画』にも、その時の話が盛り込まれています。

書籍概要。

書籍概要は以下。

  • タイトル:そろそろこれからを考えよう 定年女子ライフ計画
  • 著者:石崎公子
  • 発行元:定年女子トーク実行委員会
  • 装丁・デザイン:勝木雪子
  • ダウンロード料:600円

本書を読むためにはAmazonの電子ブックリーダー”Kindle”が必要となります。

おススメする理由。

この電子書籍をおススメする理由は以下。

大切なポイントがとてもわかり易くまとめられている。

本書では、定年後の生活を考える上で必要なポイントが網羅されていて、とてもわかり易く説明されています。

お金のこと、

カラダのこと、

リタイア後にとっても大切な「つながり」のこと、

などなど。

生活費については、私もとっても不安だったので、退職前にいろいろ考えました。

早期退職後の生活費。思った以上にかかりますよ。50代、55歳で早期退職したブログ主。 今回は、早期退職して無収入になってから2か月強が経ち、毎月の生活費は計画通りで済んでいるの...

年金についてもとってもわかりにくいですが、できる限り理解しておくべきこと。

複雑過ぎる年金のこと、超絶簡単に解説してみた。早期退職するにあたり、手持ちの資金、財産はどれくらいあればいいの? というのも、よく聞かれる質問です。 私の答えを理解してい...

本書にも書かれている更年期症状については、私も結構辛い思いをしました。(今も継続中)

更年期のこと。書きにくいけど書いてみる。私は現在56歳。 辛くて長かった更年期のトンネルから、やっと出口が見える位置までたどり着きました。 更年期のこと、最近は女性...

石崎さんの言うことは信頼ができる。

石崎さんは私よりもちょこっと先輩。

1986年に施行された男女雇用機会均等法より前の世代。

学校卒業後に就職した広告代理店を40代後半で退職。

会社を辞めたあとに「もっと考えておけばよかった」「もっと知っておけばよかった」と後悔したことについて、自身の体験をもとに書いておられるので、すごく共感できるし、すごく参考になります。

石崎さんはとても勉強家でもあるので、定年女子トーク実行委員会の活動以外にも、終活のスペシャリストとして高齢者住宅のマーケティング業務、コンサルティング、終活講座講師などなど、多岐にわたって活躍されています。

私も当初はこのブログで終活のことも書いていたのですが、自分で書くよりも石崎プロの話を聞かせてもらう方がよっぽど早いと気づいてからは、その辺りのテーマについてはサボってしまっています……。(←勉強をサボっていることの言い訳)

市販のエンディングノート2冊を比較してみた。私は50代。50代後半の55歳。 この年代って、まだまだ長生きできるとも思えるし、いつ死んでもおかしくないとも思える微妙な年齢。 ...
「終活済み家族」「終活してない家族」どっちがありがたい?亡くなった親類がしっかりと終活準備をしていた事例、まったく終活準備をしていなかった事例、たまたま両方の事例を聞く機会があったので、ちょっ...
自分の遺産の法定相続人、誰だか知ってる?いきなりですが、ちょっと縁起でもない質問です。 アナタが死んだ時、アナタの遺産は誰が相続するの? これ、答えられますか? ...

文字面だけ見ていると、バリバリなすんごいやり手さんを想像してしまうかも知れませんが、実際にお会いすると、とってもチャーミングで気さくで楽しくて謙虚で嘘の無い方。

だからこそ、本書の内容も信頼できるのです。

まとめ。

私も、50歳を過ぎたら定年後にどうしたら明るく不安なく暮らしていけるかについては、しっかり考えた方がいいと思っています。

そうすべきだと思っています。(断言)

 そんなことを言われても何をどう考えたらいいかわからない……。

……などと思ったら、本書を読んで自分の考えるべきことを整理することをおススメしますよ!

はやし
はやし
是非読んでみてー!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)