>>退職後の手続き

退職後の手続きその3)キョーフの住民税納付

会社を退職する場合、早期退職しようかと考える場合、必ず自分の資産がいくらあるかということを計算すると思うのですが、そこから抜け落ちがちなのが住民税。

早期退職、預貯金どれくらいあれば決断できる?「早期退職する」と言った時に、周囲の人たちから聞かれた質問ベスト3は以下。 辞めたあと何するの? どうして早期退職するだ...
早期退職を決断する前にすべき6つのこと。50代、55歳で早期退職をした私。 33年以上会社員生活を続け、女性管理職として人事・総務部門の部長職を務めながらの決意でした。 ...

住民税の納付については、会社員の場合、前年の報酬分に対する税額が、毎月の給料から引き落とされるという方式。これを「特別徴収」と言います。

だから、新入社員の1年目は住民税が引かれていないので、2年目になって「昇給されたはずなのに手取り額が減ってる!」なんてことが起きるわけです。

ということはつまり、退職して別の会社に就職もしない場合、前年度の住民税は給料引き落としにはならないので、自分で納めねばならぬのです。(※転職した場合は給与天引き(特別徴収)の手続きをしてくれます)

そして、もしその額を事前に全く意識していなかったとしたら、「ふぉわぁーーー!」と叫ぶくらいの額かもしれないのです…。

震えながら住民税を納付してきた!

住民税納付通知書を見て愕然とする。

私は人事担当だったので、住民税の額がいかほどか、そしてそれを退職後に自分で支払わねばならないことは重々知ってはいたのですが、実際に税務署から送られてきた納付通知書を見て溜息…。

とは言え、住民税の納付は退職したらすぐにやらねばならない手続きのひとつなので、避けては通れず…。

何度も書いて恐縮ですが、私は部長職だったのでそれなりの年収をいただいていたため、住民税もすごい額になっていました。

10月末で退職した私の場合は、まずは1月から5月分まで支払わねばならないのですが、その額は、ナント、

40万円超!(あわあわあわ)

そして更に来年、6月から10月までの分、約30万円を納付しなければならない見込み…。

<後日追記>約30万円というのは勘違いで、実際には1回目とほぼ同額の40万円超でした……。

もちろん、それなりの金額をいただいていたから、それなりにたくさんの税金を納めねばならないわけですが、無収入になった途端に支払わねばならない40万円、総額にして70万円超というのは、本当にキョーフなのです。

<後日追記>2回目の金額も40万円超だったので、総額は約90万円でした。あわわわ。

※この記事を書いた翌年6月に届いた2度目の住民税納付通知については以下に書きました↓

会社退職後のオソロシイ通知。2回目の住民税納税通知書が届いた!50代、55歳で会社を早期退職した私。 住民税は前年度分を支払う仕組みのため、退職後にオソロシイ額の住民税の請求が来るので覚悟が必...

年末調整の書類で住民税の額を把握しておこう!

事前に知っていてもコレだけおののいているのですから、何も考えていないと本当におそろしいことになりますよ。

もしも退職しようかと考えるならば、まずは年末調整の書類で自分の住民税1年分の額がいくらなのか確認しておくこと。

これは本当に必須事項!

ちなみにこの額だとコンビニ支払いやネットでの振り込みができないので、銀行まで行って窓口で支払ってきました。

鉄球でも引きずっているのか?というくらいに、足取りは重く、お財布は軽く、とぼとぼと帰路についたのでありました…。

退職後の手続きその1)国民年金の切り替え完了!50代、55歳で早期退職した私。 退職したらすぐにやらねばならない手続きのうち、まずはお役所で、国民年金の「第2号被保険者」から「...
退職後の手続きその2)新しい健康保険証をもらってきました。50代、55歳で早期退職した私。 退職したらすぐにやらねばならない手続きのうち、最も急いだ方がよい健康保険証の手続きを、先週金曜日...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)