>>退職後の手続き

失業保険手当受給中にパートや内職をした場合の収入に上限ってあるの?

50代、55歳で早期退職した私。

長年勤めた会社は辞めましたが仕事は続ける予定。

とりあえず失業保険(雇用保険)の受給資格を得るため、失業保険(雇用保険)受給申請職業講習会雇用保険説明会初回失業認定手続き+1回目の求職活動2回目の失業認定手続きなどは既に終えました。

先日、3度目の失業認定を受けるためにハローワークへ行ってきたのですが、そのついでに、失業保険手当の受給中にパートタイムや内職などの仕事をする場合の制限等について詳しく聞いてきました。

失業保険手当受給中の「就労時間」に制限はあるが「収入額」に制限は無い。

「就職または就労」と「内職または手伝い」の違い。

失業保険(雇用保険)の手当を受給中であっても、制限付きながら仕事をして収入を得ることができます。

仕事の形態は2種類。

その違いをすごくシンプルにまとめると以下の通り。

就職または就労 内職または手伝い
1日の労働時間 4時間以上 4時間未満
受給への影響 就労した日は受給が停止となり、その日数分の受給が先送りになる。つまり受給できる手当の総額は変わらない。 1日当たりの収入額によっては手当が減額されることがある。(※)
その他条件 1社当たり週20時間以上仕事をした、もしくは31日以上の雇用が見込まれる場合は受給資格そのものを失う。 同左

※印の減額の条件については計算方法があるのですがここでは省略。

「失業保険、内職、減額」などのキーワードでググってみるとわかります。

Webライターなどの在宅ワークもOK。

はやし
はやし
在宅で仕事をするような場合、たとえばWebライターや資料作成などの仕事をしても大丈夫なのでしょうか。
職員さん
職員さん
1社当たり週20時間未満の作業であれば問題ありません。
はやし
はやし
ということは、2社の仕事を請け負っても大丈夫ということなのでしょうか。例えば1社19時間ずつ、合計38時間仕事をしてもOKということですか。
職員さん
職員さん
はい。但し、就職活動を行なうことが前提ですので、その時間が取れないほどたくさんの仕事をすることはNGです。
はやし
はやし
理解しました。開業届を出して個人事業主になって本格的に仕事を請け負うわけでなければ、在宅でライターなどの仕事をしても大丈夫ということなのですね。

なるほど。

ライターの仕事って業務委託的な仕事なので受給資格を失うのかと思っていたけれど、本業としてガンガン仕事を受けるようなやり方でなければ大丈夫ってことなのね。

そして、「20時間未満」というのは「1社当たり」だということも理解していなかった……。

ブログやアフィリエイトの収入がある場合はどうなるかについては以前書きました。

失業保険手続きその3)雇用保険説明会でアフィリエイト収入のことも聞いてきた!失業保険はブログの広告やアフィリエイト収入があると受給できないの? 失業保険はフリーランスで仕事をしていると受給できないの? ...

後日、「7日間で」の起算日は土曜?日曜?それとも働き始めた日?という疑問についても書きました。

失業保険手当受給中の就労「7日間で20時間未満」の起算日とは。これまで何度か、失業保険(雇用保険)手当の受給中に仕事をする場合の注意点や制限についての疑問をハローワークで聞いてきたという話を書きまし...

収入額に制限は無い。

はやし
はやし
仕事をする時間に制限があることは理解したのですが、収入の額に上限はあるのでしょうか。例えば、週20時間未満の仕事を複数社から同時に受けて、月額の収入が30万円とか40万円とかになっても大丈夫なのでしょうか。
職員さん
職員さん
大丈夫です。収入額が高くても受給資格を失うことはありません。但し、先にご説明したように就職活動をおろそかにしてはいけません。

ふむふむ。

いくら稼いでも問題ないというわけですか。

そんなに稼げる予定などまったく無いですけどね。

<後日追記>

勘違いしていたのですが、「失業認定申告書」で収入額を記載しなければいけないのは「内職又は手伝い」だけ。「就職又は就労」の場合は収入額を記載する必要はありません。(以下の赤く囲った欄)

「内職又は手伝い」の場合は、収入額によって失業手当が減額される可能性があるので収入額の申告が必要。
一方の「就職又は就労」は、手当の給付が後ろ倒しになるだけで減額はされないので、収入額を申告する必要がありません。

つまり、そもそも申告する必要がないわけなので、収入額に上限も無いということ。

「就職または就労」と「内職または手伝い」を同時に行なってもOK。

はやし
はやし
「就職または就労」と「内職または手伝い」を同時並行で行っても大丈夫ということですね。
職員さん
職員さん
はい、大丈夫です。複数の会社で仕事を行なう場合は、「失業認定申告書」に具体的な会社名ごとに収入のあった日、収入額、何日分の収入か等、概要をまとめたメモを添付しておいてください。

ほほー。

例えば、月曜と水曜は1日8時間のパートタイムの仕事(「就職または就労」)をして、火曜と木曜と金曜は1日3時間の在宅仕事(「内職または手伝い」)をしても大丈夫ということ。

もちろん、各社31日以上の雇用が見込まれるような形態での就労はダメですけどね。

私も厚生労働省の勤労統計調査に係る追加給付の対象だった!

疑問も解決できて、3度目の失業認定も無事に終了。

これで2回目の失業保険手当を振り込んでいただけることが確定したのですが……

ナント!

自分には関係が無いと思っていたのに、昨今話題となっていた厚生労働省の勤労統計調査をやり直したことによる追加給付の対象に私もなっているとの説明がありました。

つまり、給付額がUPするということ!

……と言っても、1日当たり10円高くなっただけでございますけどね。

私は雇用保険の加入期間が長かったのと、そこそこ稼がせていただいていたおかげで、1日当たりの受給額は45~59歳の人がもらえる最高額(基本手当日額上限額)の8,250円でした。

その1日当たりの受給額が、

8,250円 ⇒ 8,260円

に上がったというわけ。

私は最長で150日分の手当がいただけることになっているので(途中で就職しなかった場合)、当初予定よりも1,500円UPするということになります。

イタリアンレストランのデザート付きパスタランチほどの金額が増えたのはありがたいですぞ!(お金の基準はいつも食べ物)

まとめ。

失業保険手当受給中でも、思ったよりいろいろな仕事をすることができるのだと改めて知りました。

もちろん、そんなに仕事があるかどうかはまた別の問題ですけどね。

いずれにしても失業保険手当を受給している間に仕事をする時は、ちょっとでも疑問があったらハローワークに確認して、不正受給にならないよう気をつけねばなりません。

手当を没収されてしまうだけではなく、高額な罰金を払うことになりますからね。

ぶるぶる。

 

そのほかの失業保険に関する手続きについてはコチラをご覧ください↓

失業保険手続き その1)受給までの長い道のりが始まった。会社を早期退職した後、いろいろ面倒な手続きをこなさねばなりませんが、今回は失業保険(雇用保険)受給手続きの話。 退職してすぐに行わ...
失業保険手続き その2)ドキドキしながら職業講習会に行ってきた。失業保険(雇用保険)を受給するまでの長い道のり。 前回、ハローワークで申請を済ませた時に今後のスケジュールを提示されたわけですが、...
失業保険手続きその4)初回認定手続き&求職活動してきたよ!早期退職後の大切な手続きのひとつ、失業保険(雇用保険)の受給資格を得るため、失業保険(雇用保険)受給申請、職業講習会、雇用保険説明会に続...

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)