>>退職後の手続き

厚労省がやらかしちゃったがための雇用保険追加給付金が振り込まれた。

50代、55歳で早期退職をし、現在失業保険(雇用保険)を受給中の私。

先日、厚生労働省が長年に渡って不適切な統計調査をしていたがために、追加で給付されることになった雇用保険基本手当が振り込まれているのを確認しました。

その額がやたら細かい……。

323円の追加給付が振り込まれているのを確認した。

追加給付分の振込を確認。

一時期騒ぎになっていた厚生労働省が長年に渡って不適切に統計調査を行っていた件。

雇用保険の基本手当の再計算がなされて、私の基本手当日額も、

8,250円 ⇒ 8,260円

と10円UP。

このことについては、3月の失業認定日にハローワークで既に説明を受けていました。

失業保険手当受給中にパートや内職をした場合の収入に上限ってあるの?50代、55歳で早期退職した私。 長年勤めた会社は辞めましたが仕事は続ける予定。 とりあえず失業保険(雇用保険)の受給資格を...

私の場合、3月18日以降は既に正しい基本手当日額で計算されていたので、追加給付分は、2月14日~3月17日の32日分

そして今回銀行口座に振り込まれていた金額は、

323円

あれ?

10円×32日ならば320円のはずなのに、端数の3円は何?

端数は「加算額」。

調べてみたところ、どうやらこの3円は以下の「加算額」に当たる金額ということが判明。

<厚生労働省HPより>

Q:追加給付の加算額とは何ですか。なぜ支給するのですか。いくら位もらえるのですか。

A:今般の雇用保険・労災保険等の「追加給付」については、過去に行われた給付額と本来であれば給付されていた金額との「差額」に、その「差額」が現在価値に見合う額となるようにするための金額を「加算額」として給付することとしています。
額は給付の種類や受給の時期などによってそれぞれ異なることとなります。

なるほどーと思っていたら、特定記録郵便で「追加給付支給決定通知書」なるものが自宅に届きました。

ここにも「加算額」の説明が書いてありました。

しかし、たった323円の振込のために、ひょっとして銀行に振込手数料を支払っているのかしら?

もしもそうだとしたら、その手数料総額はいったいいくらになってしまったのかしら?

特定記録郵便の料金もバカにならないし。

なんかもったいないですな。

まとめ。

なんだかんだ言っても、国の統計調査って実務担当者からしたら本当に大変なことだと思うので、不手際があったことについてはあまり責める気にもなれません。

追加給付の作業もさぞかし大変だったことでしょう。

はやし
はやし
本当にご苦労様でございます。

人事担当だった時、賃金調査などの統計調査依頼が届く度に「ちっ、厚生労働省め。また何やら面倒な調査依頼を送ってきやがったよ」と、悪態ついていたことはここだけの話ですけどね。

失業保険(雇用保険)はいろいろややこしいので、こちら↓のページに手続き方法や疑問の回答についてまとめています。

失業保険の手続き&疑問についてわかり易く解説。(まとめページ)50代、55歳で早期退職した私。 退職後すぐに手続きした失業保険(雇用保険)についての記事が思いのほか増えてしまったので、まとめペ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)