よもやま話

コロナ関連の支援。まずは地元のお店のためにお金を使う。

お久しぶりの更新です。

そろそろブログを再開しようと思っているのですが、あいかわらずコロナ問題の収束は見えておらず。

そんな中ではなかなか適当なネタが思いつきません。

人様のブログを見ても、やはりかなり更新頻度が落ちている様子。

そんなわけでかなり不定期にしか記事をUPしないかも知れませんが、ゆるゆると続けていこうかと思っています。

しかーし!

1度休んでしまうと、サボり癖がついてしまった模様。

キーボードを打つ手が重いぞ。

そしてそして。

ブログをしばらく休むと書いたにもかかわらず、実はお休み宣言をした4月15日から舌の根も乾かぬ数日後、新しい記事がUPされていました。

気づいてしまった人、いるかしらん……。(大汗)

下書きしてあった記事に、うっかりタイマー予約設定をしてしまっていたため、知らぬ間に記事がUPされていたのです……。

あれは幻ですから~。

読んじゃった人は見ていなかったことにしてください~。(念)

そんなわけで、今回はその幻の記事をアップデートしたものです。

内容は、コロナウイルス関連で自分ができる支援について。

ではどうぞ!

コロナ問題に関しては、私も一時期軽い鬱状態になったことがありました。

コロナウイルスに感染?!を疑ったらコロナ鬱になりかけた話。(感染していません)今日は、コロナウイルスもコワイけれど、コロナ鬱もコワイよ、という話。 先日の朝、酷い頭痛と喉のいがいがで目が覚めました。 え...

自分自身のこともそうですが、経済や文化の喪失など、将来への不安も大きくなるばかり。

何か支援をしたいと思っても、あまりにも困っている人たちが多過ぎて、どうしていいかもわからない状態。

311東日本大震災の時も、自分の無力感に苛まれて、日本国民みんなが鬱状態になりましたよね。

私も体力が無いので現地ボランティアは無理だし、そうかと言って寄付するお金にも限りがあり、何もできない自分を責めてばかりいました。

責める必要なんてなかったんですけれどね。

その時の反省も踏まえ、今回のコロナウイルス関連の支援については、自分のできることをできる範囲でちょっとずつ地道にしていこうと決意。

どんな支援を続けようと思ったかというと……。

まずは地元の支援。テイクアウトを利用して地元の飲食店を支援したい。

地元のお店のためにお金を使うと決めた。

私が東京都の麻布十番の隣町に引っ越してきてから21年。

買物やご飯を食べに行く際は、ほぼほぼ麻布十番のお店にお世話になっています。

麻布十番と言えば、美食の街。

ミシュラン星付きやビブグルマンのお店が多数ある街。

私は現在稼ぎがなくて貯金を切り崩して生活をしている身なので、そういったお店には殆ど縁が無いものの、麻布十番のことが大好きです。

スイーツ店はよく利用していてそこそこ詳しいので、TABICAでお店巡りのホストをしています。

(現在は自粛中)

TABICAホストの私と一緒に麻布十番スイーツ店巡りをしませんか?50代、55歳で会社を早期退職した私。 退職と同時にこのブログを始めて、同じようなヒトリデ族のみなさんと仲間の輪を広げて「人との繋...

しかーし!

飲食店は軒並みお客さんが激減。

先日、お世話になっている近所のお寿司屋さんに電話をしたところ、お客さんが誰もいないということだったのでちょこっと食べにいくことにしました。

大将とその奥様、そして私が店内のそれぞれ一番遠い場所に正三角形を描くように座って三密状態を回避。

お寿司をいただきながらいろいろ話をしたのですが、今後のことを考えると夜も眠れないとのこと。

うぅ……。

とっても思い出があるお店なので、私が死ぬまで麻布十番で営業を続けて欲しいと思っているのに……。

その後、東京都が飲食店にもコロナウイルス感染拡大防止協力金を支払うと発表したので、ちょっとホッとはしましたが、先が見えないこの状況。

いったいどれだけのお店が生き残れるのかと考えるだけで、すごーくすごーく悲しい気持ちになってしまいます。

だからほんのちょっとでも、ほんのわずかでも、ほんの1ミクロンでもいいので、地元のお店にお金を使い続けようと心に決めたのでした。

麻布十番の名店が始めたテイクアウトを利用。

緊急事態宣言発令後、ミシュラン星付きやビブグルマンのお店が次々とテイクアウトサービスを始めています。

私もほぼ毎日のようにテイクアウトを利用中。

家の近所にお店が無い時はサービスエリアがずいぶん拡大されたUber eatsを利用することもオススメです♪

Uber Eatsのひとり暮らしにはありがたい4つのこと。ひとり暮らしをしていると、体調が悪くてご飯が作れない、買いに行けないなんてことがたまにあります。 そんな時のため、ポストに投函され...

まとめ。

もう一度書きますが、私は貯金を切り崩しながら暮らしている身。

だからちょこっとずつしかお店にお金を落とすことはできません。

それでもテイクアウトの利用を継続していこうと思っています。

大好きな大好きな麻布十番の街の活気を失いたくはないですから。

実はそのほか、国境なき医師団への寄付もほんのちょっとずつではありますが、もう何年も続けています。

寄付金がコロナウイルス感染が広がっている国の医療支援に使われているのは本当にありがたい。

これまた本当に微々たる支援ですけれどね。

とにかく、あれもこれも支援しなくちゃ!何かしなくちゃ!と思い過ぎるのは精神衛生上よくないので、自分のできることを地道に続けるのが一番かと思っています。

10万円の特別定額給付金も、受付を開始した昨日5月1日に早速申請を完了したので、振り込まれたらいろいろな支援に使う所存。

しかーし!!

はやく友だちとご飯に行きたーーーい!!

くだらない話をくっちゃべりたーーーい!!

温泉旅行にも行きたーーーい!!

はやし
はやし
だからこそ今は我慢してStay home♪
年に1度の温泉旅行で友だちの大切さを再認識。50代、55歳で会社を早期退職した私。 会社に通っていないと人と接する機会がぐーーーんと減ります。 そんな時に本当にありがた...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)